クーラー・冷たい飲食の”冷え”による、謎の疲労感の正体

2018.07.26内臓疲労

冷たいもの最高!!

 

暑いからって、食べ/飲み過ぎていませんか??

「かき氷」の画像検索結果

こういう暖簾を見ると「夏だなぁ」って実感させられますね〜。

暑いから冷たいものを食べたり飲んだりする方って多いですよね(私も連日、冷たいものばかり飲んでいます。。。)

そんな方に共通してみられるのがなぜか疲れが抜けない現象

暑いからダラけているだけと思っている皆さん、知らぬ間に「内臓疲労」を引き起こしている可能性がありますよー!!

(内臓疲労に関しては過去の記事→内臓の疲れは身体のココに出る!!をご覧ください)

 

なぜ冷たいと内臓が疲労する??

「内臓 冷え」の画像検索結果

実は、内臓も筋肉で出来ています。

ずっと寒い環境にいると、皮膚が冷え体温が下がりますよね

冷たいものを摂取しすぎると、上記と同じ現象が内臓でも起きているのです。

体温が1度下がると代謝は12%も落ちると言われています。

 

しかも、特に運動をしていない女性は筋肉量も少ないため、

1,000にも満たない方って少なくないんです。(20代女性で平均1,200前後)

 

食事による発熱(食事誘発性産熱)が起こるはずなのに胃が冷えて機能しないと、

飲むのと同時にとった栄養素が吸収されず、溜め込まれることになってしまいます。

これによって、太るし疲れが取れないという現象が起こります。

痩せないしなんか疲れるという方は、ここが重要だったりします。

 

どうやって見極めるのか

「内臓 冷え」の画像検索結果

下記の症状が当てはまる場合は、内臓冷えになっている可能性が高いかも!?

 

・便秘になりやすい

・下腹部が上腹部より暖かい(本来は上腹部の方が暖かい)

・顔は火照るのに手足は冷えている

・むくみやすい

・寝ても疲労感が抜けない

・天候が悪くなると体調が悪くなりやすい

 

胃が冷えて消化出来なければ、排出するものがうまく出来ないため便秘になるし、

上腹部は胃がある位置なので、胃が冷えていれば上腹部は冷たい

熱は上にあがりやすい反面、冷たいものは下にさがりやすいため、

冷える浮腫んだりもしますよね。。。良いことなし!!!

改善方法と再発防止を

「生姜」の画像検索結果

とはいえ、冷たいものには上がりすぎた体温を下げたり、ストレスを軽減する働きがあるため、一概に悪いわけではありません。

 

排泄機能が落ちている場合、生姜を温かい状態でを摂ると体内を温めて排泄を促してくれます。

他にも「陽性食品」といわれる寒い土地で出来て色が濃く、水分が少ない食品がオススメとされています。

ごぼうやニンジン、鮭やチーズなどが良いです。

 

体内から温めてくれるのは嬉しいですね(^^)

「はらまき」の画像検索結果

また、体外から温めて予防するのも重要です。

腹巻きで内臓周囲を囲えば温まりますし、

40〜42度の湯船で汗ばむまで半身浴をすると、体温も上がります。

 

どうしても冷たいものを摂りたくなる季節ですが、

自分の身体のために温めてもいきましょう!!

 

まずはトライアル!!
4,160円/1回(消費税込み)