その腰痛もしかしたらお尻が原因かも?

2019.03.16コンディショニングコンディションストレッチストレッチのポイントスポーツ

こんにちは!

 

パーソナルジムASPIの齋藤です!

本日は腰痛改善についての投稿です!

 

 

腰痛もちの人は少なくないと思います。
もしかしたらその腰痛の原因はお尻にあるかも!

「腰痛」の画像検索結果

腰痛の原因には様々なものがありますが、ずっと座りっぱなし、立ちっぱなしなど長時間の同一姿勢や運動不足、精神的ストレスなどは、大きな要因となります。

このような腰痛を改善するには、運動するのが最も効果があります!
なかでも比較的簡単にできて効果が高いのがストレッチなんです!

 

そこで、今回は自宅で誰でも簡単にできる!『殿筋』のストレッチをご紹介します!

 

 

殿筋のストレッチは、こんな方にオススメです!

【痛む部位】

 

スクリーンショット 2019-03-16 0.58.45

 

1.腰のベルトのラインの上下あたりが痛む、重い、だるい

2.骨盤や仙骨(骨盤の真ん中の骨)のまわりが痛む、重い、だるい

3.お尻が痛む、重い、だるい

・腰からお尻あたりにかけていつもなんとなく痛い、重い。

・ずっと座っていると痛くなる。

・立ちっぱなしで痛くなる。

・朝起きた時痛む。

このような症状がある方に効果が期待できます!

 

寝ながらお尻のストレッチ!

「お尻ストレッチ」の画像検索結果

1. 手脚を伸ばし床の上に仰向けで寝る。

2. 両脚を床から離して両膝を曲げる。

3. 左太ももの上に右足首をのせて右膝を外側に開く。

4. 右脚と左脚の間に右腕を通し、左膝を両手で抱える。

5. ゆっくりと左膝を胸に近づける。

6. 30秒ほどキープ。

7. ゆっくりと1の姿勢に戻る。

8. 脚を入れ替えて2~7を繰り返す。

 

注意するポイント

・膝を胸に近づけるときは呼吸を長く吐き出すとやりやすくなります。
・脚を持ち上げた際、腰の位置がずれないように気を付けましょう。
・動きを止めずに等速でゆっくりと動かすように意識しましょう。

前後開脚ストレッチ

「前後開脚ストレッチお尻」の画像検索結果

1. 右脚を後ろに引いて左脚を身体の前で曲げておく。

2. 背筋は伸ばして骨盤が一直線上になるように床につける。

3. ゆっくりと上体を前に倒して20秒ほどキープ。

4. 上体を起こして脚を入れ替え1~3を繰り返す。

 

注意するポイント

・前脚は膝と股関節が90度になるように調整してください。
・上体を前に倒すときには膝で床を押しましょう。
・両手は身体の横でしっかりと支えましょう。

 

まとめ

お尻が硬くなってしまうと腰痛の原因になってしまいます。

本日紹介した自宅でもできる簡単なお尻のストレッチをして疲れ知らず腰痛知らずの体になりましょう!

まずはトライアル!!
4,320円/1回(税込)