みなさん骨の健康は、大丈夫?!

2019.08.20コンディショニングスポーツタンパク質について太陽光

みなさんこんにちは!!

パーソナルジムASPIの本間です!!♬

 

暑い日々が続いておりますね!

みなさんの体調はいかがでしょうか?!

本日は、骨の健康について考えます!

健康には、身体の健康や心の健康など、様々な健康がありますよね!

本日は、そのな健康の中から骨の健康を考えて行こうと思います!!

100年時代の今、骨の健康を考えることは、非常に大切だと思います!

健康寿命を伸ばす為にもとても大切なことだと思います!!

 

※健康寿命とは?

→日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと。

 

では、骨が強くなったらどんな良いことがあるの?

・骨密度の上昇!

・姿勢の保持!

・腰や背中の痛み軽減!

など

身体へより良い影響を与えます!!👀

 

本日は、運動食事二つに分け骨を強くする方法を考えていきます!!!

食事

まず、カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨の形成に役立つ栄養素を積極的に摂りましょう!!

カルシウムとビタミンDを同時に摂ることで、腸管でのカルシウム吸収率がよくなります!!

また、高齢になると、食の好みが変わったり、小食になったりしてタンパク質の摂取量は不足する傾向があります。

タンパク質の摂取量が少ないと骨密度低下を助長しますので、意識して摂取しましょう。
栄養やカロリーのバランスがよい食事を規則的に摂るのが、食事療法の基本です。 

カルシウム
牛乳・乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、チンゲン菜、大豆製品など
※ 骨粗しょう症や骨折予防のためのカルシウムの摂取推奨量は、1日700~800㎎です。

 

 

ビタミンD
サケ、ウナギ、サンマ、、イサキ、カレイ、シイタケ、キクラゲ、卵など

 

ビタミンK
納豆、ホウレン草、小松菜、ニラ、ブロッコリー、サニーレタス、キャベツなど

日光浴でビタミンDがつくられる!!

カルシウムの吸収を助けるビタミンDは、紫外線を浴びることで体内でもつくられます。

夏の直射日光を長時間浴びることは、皮膚が赤くなるなどダメージにつながりますが、適度な日光浴は骨の健康に役立ちます。

冬であれば30分~1時間程度散歩に出かけたり、夏であれば暑さを避けて木陰で30分を意識しましょう!

屋内で過ごす時間が長い高齢者や、美容のために過度な紫外線対策を行っている人では、ビタミンD不足が心配されます。

運動をかねて積極的に外出する機会を作り、上手に紫外線と付き合っていきましょう!!

運動

骨は、負荷がかかるほど骨をつくる細胞が活発になり、強くなる性質があります!!

散歩をしたり、階段を取り入れるなど、日常生活のなかでできるだけ運動量を増やしていきましょう!!
骨折予防に有効な運動は、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどがありますが、ご自身の体の状態にあわせて無理なく続けることが大切です。骨粗しょう症治療中の方や膝に痛みがある方は、運動を開始する前に医師に相談してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少しでも骨の重要性を分かっていただけると嬉しく思います!!

普段の生活から食事・運動を意識することが大切です!!

ぜひ、骨の健康にも目を向けていきましょうね!!

今回はここまで!次回の投稿もお楽しみに!(^ ^)

 

 

まずはトライアル!!
4,320円/1回(税込)