ストレッチングの効果!

2019.10.23スポーツトレーニング姿勢幸せ恵比寿新宿

こんにちは!!

パーソナルジムASPIの本間です!

秋の陽気が近づき、肌寒い日々が続いております。🍁

季節の変わり目は、寒暖差が激しい為、体調を崩しやすくなります。

しっかりと湯船に浸かるなどし身体を冷やさない様にしましょう!!

 

本日は、ストレッチングがもたらす身体への影響をご紹介します。

ストレッチングとは?

ストレッチングとは、筋を伸ばす柔軟体操のことで、筋肉を「伸ばす」という意味があります。

ストレッチングは、1970年代に柔軟性を高めるための運動として、アメリカのボブ・アンダーソンにより開発されました。

身体をリラックスさせたり疲れをとったり、体調を整える等の目的で現在も多く方に親しまれております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレッチングの効果

人間は、ストレッチングを教わらなくとも、寝起きのこわばりをほぐすために自然に“伸び”をします。

それは伸びをすると心地よいからであり、ストレッチングが筋肉の調子を正常に保つためには必要だからです。

ストレッチングの効果には、3つあります。

1、関節可動域の拡大!

筋肉の柔軟性が上がると、関節を動かせる範囲(関節可動域)が大きくなりカラダがスムーズに稼動するようになります。

また、スポーツなどでケガをしにくくなったり、高齢者が転倒するリスクも減らせます。

 

2、筋緊張の緩和!

柔軟に動く筋肉にはポンプのような作用があり、血液の循環を助けています。

柔軟な筋肉は毛細血管を発達させ、高血圧(血管も柔らかくなる)や肩こり、腰痛の予防・改善にとても効果があります。

 

3、リラックス効果!

副交感神経の働きを良くしてくれます。

副交感神経は「夜の神経」とも呼ばれ、体を緊張から解きほぐし、休息させるように働く神経です。

副交感神経が優位になると、瞳孔は収縮し、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下降して、体も心も夜の眠りにふさわしい状態を作りだすことができます。

 

ストレッチングのポイント

ストレッチングを実施するときに注意すること!

・ゆっくり伸ばす、息を止めず伸ばす、自然な呼吸で、痛みを感じなく「気持ちいい」程度、

伸ばした状態を約90秒保持します!

伸ばす筋肉を意識します!

お風呂上りの睡眠前に行うのが最も良い時間帯です。

テレビを見ながらでも、好きな音楽を聴きながらでも、リラックスできる環境で行いましょう。

 

ストレッチングの種目

まずは、すぐに実践できる長座体前屈をご紹介します!

伸ばす箇所:ハムストリング・脊柱起立

伸ばす時間:約90秒×左右、3セット

お風呂上がりに行うことで、筋肉が緩まっている状態で伸ばすことができます!

ぜひトライしてみてください!!♬

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は、ストレッチングについてお伝えしました!

少し肌寒いくなってきた今だからこそ、ほっとする時間やリラックスできる時間が非常に大切になってきます!

そんな時に役立つ物がストレッチングだと思っています!

ぜひ、みなさんのライフスタイルの中の一つとなり、より良い人生となればと思います!

本日は、ここまでとなります!

次回、お楽しみに!♬

まずはトライアル!!
4,400円/1回(税込)