一日の適切な水分摂取量は?

2019.06.22コンディショニングコンディショントレーニング未分類

こんにちは!

パーソナルジムASPIの安部です!

 

最近暑くなってきましたね☀️

外に出ると汗を掻くことも増えてきたのではないでしょうか?

そこで大事になってくるのが水分補給。

本日は暑くなってきたからこそ、大事になる水分補給についてのお話です!

 

 

水分補給が必要な理由

人のからだの半分以上は水でできています。

胎児では体重の約90%、新生児で約75%、子どもで約70%、成人では約60~65%、老人では50~55%が水で占められています!

 

体から水分が1%の損失で、のどの渇き、2%の損失ではめまいや吐き気、食欲減退などが現れます。そして10~12%の損失では筋けいれん、失神、20%の損失では生命の危機になり、死に至ってしまいます。

たった2%の損失でも体の不調が引き起こされてしまいます。

 

体の水分が不足すると、熱中症、脳梗塞、心筋梗塞など、さまざまな健康障害のリスクの要因にもなります。

 

 

 

水の働き

水の主な働きは以下の3つになります。

物質の溶解

食事の中に含まれる栄養素(主にタンパク質、炭水化物、脂質)は吸収しやすい形に分解され、代謝されます。代謝反応は水に溶けた状態で行われます。

つまり、水がないと栄養を摂取してもエネルギーになってくれないのです!

物質の運搬

水分を含む血液やリンパ液は体内の物質を細胞まで運びます。また不要になった老廃物も尿から排泄されます。

水を飲むことで肌を綺麗にしたり、潤いを与えてくれます!

体温調節

水は、温まりにくく、冷めにくい性質があります。水は温度の変化が少ないので、体温を一定に保つことに役立っています。

例えば夏の暑いときや運動時に汗をかくのは、体熱の放散によって体内温度の上昇を防ぐためです!

 

 

 

必要な水分摂取量

それでは必要な水分量を計算で求めていきます!

計算といっても難しい計算はないのでご心配なく(笑)

 

・必要水分摂取量

体重(kg)×年齢別必要水分量(ml/kg/日)=必要水分量(ml)

 

※年齢別必要水分量

25~54歳 35ml/kg/日

55~64歳 30ml/kg/日

65歳〜    25ml/kg/日

 

となります!

 

体重50kg、30歳の方の場合、年齢別必要水分量は 35ml/kg/日 となりますので、

 

50(kg)×30(ml/kg/日)=1500(ml)=1.5l となります!

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか!?

 

ご自身の1日の必要水分摂取量がわかったかと思います!

もちろん食べる物の水分量によって飲む水の量は変わってきますが、これから暑くなって汗を掻く分、計算で求めた水分量を最低限摂取したいですね!

 

運動をされる方は運動中のみではなく、運動前、運動後の水の摂取も心がけましょう!(^ ^)

 

今回はここまで!

次回の投稿もお楽しみに!

 

 

まずはトライアル!!
4,320円/1回(税込)