意外と多いアキレス腱断裂!!

2019.09.04アキレス腱断裂コンディショニングストレッチスポーツ傷害下半身未分類

こんにちは!

パーソナルジムASPIの松岡です!

 

9月に入り「スポーツの秋」を迎えた今日この頃、

慣れない運動をして「アキレス腱を切ってしまった!」なんていう方を

皆さまも一度くらいは見かけたことがあるのではないでしょうか??

というわけで今回は「アキレス腱」についてお話ししていきたいと思います!!

 

アキレス腱って??

アキレス腱は、 下腿三頭筋が踵の骨に付着する部分にあり、人体では最大の腱です。

ふくらはぎの筋肉とかかとの骨をつなぐ腱なので、走る、跳ぶ、回転するなど、

ちょっとした運動でも負荷がかかりやすい場所の一つです。

どんな時に切れるの??

下腿三頭筋が収縮すると、アキレス腱を介して足関節が底屈します。

アキレス腱断裂は、アキレス腱が伸びている足関節の背屈(底屈とは反対につま先を上げる

動き)の状態から急激に底屈させる時、

下腿三頭筋が収縮する負荷がアキレス腱にかかり、断裂すると考えられます。

瞬発的に前に出る動作で受傷することが多く、

サッカーやフットサル、バスケットボール、テニス、など幅広いスポーツで発生します。

30代から40代に発生頻度が高く、

中高年の場合は、筋肉や腱の柔軟性が低下していることや、

普段から体を動かしていないことなどが背景にあります。

切れるとどうなるの??

スポーツ中に起こることが多く、断裂すると一時的に激しい痛みを生じます😱

人によっては、「ブチン!」という断裂の瞬間に破裂したような音を耳にするケースもあります。

受傷時には足に体重をかけることができず、転倒したり、

しゃがみこんだりすることがあります。

断裂部分の皮膚の表面はへこんでいて、見ためでよくわかります。

断裂していても、しばらくすると歩行可能となることは少なくありませんが、

つま先立ちができなくなります。

 

下記のような場合は、アキレス腱断裂の疑いが!!

  • アキレス腱部にはっきりとした陥凹がある
  • つま先立ちが不可能
  • ふくらはぎを握っても足首が動かない
  •  

予防は日ごろのストレッチから

アキレス腱の断裂を予防するためには、運動の前に必ず足首のストレッチをすることです。

若い人よりも30~40歳代に多発しています。

普段あまり運動をしない人が急にやる場合は、特に注意が必要です!!

急なダッシュや強いジャンプはできるだけ避けるようにしましょう。

アキレス腱が切れた人の3分の1程度は、準備運動をほとんど行っていなかったことがわかっ

ています👀

運動前には十分なストレッチやウォーミングアップをするようにしましょう!!

 

いかがでしたか??

皆さまも日ごろのケアを怠らず、健康的に「スポーツの秋」を

お楽しみくださいませ✨

 

まずはトライアル!!
4,400円/1回(税込)