脚のむくみの解消法!

2019.09.23コンディショニングコンディション未分類

こんにちは!パーソナルジムASPIの安部です(^ ^)!🍡

一日中立ちっぱなし、座りっぱなしですと夕方くらいから脚がむくむ・・・

特に筋肉量も少なく冷えやすい女性は、1年を通して足のむくみで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は脚のむくみについて要因から解消法までを紹介させていただきます!

 

 

むくみとは?

むくみとは、簡単にいえば余分な水分や老廃物が体内(皮膚の下)に溜っている状態のことを言います。

では、なぜ体はむくんでしまうのでしょうか?

 

下肢の静脈の血液は、重力に逆らって心臓に向かい流れていきます。このことを静脈還流と言います。

 

その血流を助けるために、静脈には逆流を防止する弁が備わっています。さらに足の筋肉による筋ポンプ作用によって、血流が促されます。

しかし、立ったままや座ったままの姿勢が長く続くと、足の筋ポンプの機能が低下し、心臓に向かって流れる血液が停滞します。

 

下肢で静脈還流が滞ると、下肢静脈内の圧力が上昇し、血管に炎症が起こり、血管内から血管外へ血液の血漿成分(水分)が浸み出て、細胞外に水分が貯まります。

これが下肢のむくみの原因となります!

 

 

下肢のむくみの改善法

下肢のむくみは、日常のちょっとした工夫で予防、あるいは軽減することができます。
たとえば、ウォーキング。足にフィットした歩きやすい靴を履き、前を向いて顎を引き、肩は後ろに引き、胸を張り、背筋を伸ばす感じで歩きましょう。
入浴時やデスクワーク中には、指を使ってふくらはぎのマッサージや、シャワーの水流でふくらはぎを刺激するのも効果的です。
食事は、夜食や間食をなるべく控え、バランスの取れた食事を規則正しく食べましょう。肥満を防ぎ、血圧や血流に負担を与えない食生活が理想的です。

下肢のマッサージ

1) 両手をひざの両側に軽くあて、脚の付け根にあるリンパ節に向けて、ももをやさしくなで上げていきます。最初は、ももの表側を下から上に向けてなでます。
(2) 同じように、ももの裏側を下から上に向けてなでます。
(3) 次に足首付近に両手をあて、ひざに向かってなでます。
(4) 同じように、ふくらはぎをひざ裏に向かってなでます。
(5) 最後に、足首付近から脚の付け根に向けて、そっとなでます(表側と裏側)。

床に座って脚を軽く伸ばし、ひざを少し立てる姿勢をとると、マッサージをしやすくなります。いずれも力を入れず、10回程度ずつ行います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

浮腫みについて理解ができたと思います!

特に下肢はむくみやすく、むくみから重大な病気が発見されることもあるので、なかなか治らない場合には受診しましょう!

今回はここまで!次回の投稿もお楽しみに!(^ ^)🍡

まずはトライアル!!
4,400円/1回(税込)