肩こり改善は〇〇〇の動きが大切!?

2018.05.06コンディショニングコンディションストレッチパーソナルジムむくみ解消ストレッチリンパについてリンパの流れを良くするストレッチ寝違えに効くストレッチ横浜猫背改善のストレッチ肩こりに効くストレッチ首のコリに効くストレッチ

こんにちは! ASPIREST横浜店の仲井と申します。

いつもブログをご覧くださり誠にありがとうございます。

今回は『肩こり』について綴っていきたいと思います。

日本人はデスクワークが盛んですよね。

皮肉なことに、そのデスクワーカーのほとんどが肩こり持ちです。 肩こり

 

肩こりの原因

肩こりには様々な原因があると言われています。

①筋肉疲労

②頚椎のサブラクセーション(歪み)

③運動不足

④結構障害

⑤呼吸不良

 

さて、お読みいただいているあなたは①〜⑤の中で、幾つか当てはまりましたか?

今回は⑤の【呼吸不良】についてお話します!

肩こりの根本改善には◯◯◯の動きを出すと良い!

実は⑤は、肩こり改善の本質を捉えていると言われています。

〇〇〇に入る言葉がわかる方はいらっしゃいますか??

正解は・・・

 

『横 隔 膜』

 

です!

横隔膜

 

横隔膜は、肋骨のしたを覆うように存在し、呼吸動作を大きく助けます。

あれ?呼吸をする場所って肺じゃないの?

一見肺で呼吸をしているように思えますが、「肺は自ら空気を吸引する働きはない」ということを知っておきましょう。

肺の働きは「空気をためること」です!

横隔膜が機能することで圧力(胸腔・腹腔)が変化し、呼吸ができるのです。

では、横隔膜が機能していないと何が起きるか・・・

それは代償動作として

肩の挙上動作が発生する

ということになります。

要するに肩を挙上してまで、呼吸をしようとしていることになるのです。

吸って吐いてに4秒かかる場合・・・

→1時間で900回

→24時間だと21600回ほどになります!

21600もの呼吸を肩で行っていると考えると恐ろしいですよね!!

 

ではここで、ペアで行える横隔膜機能テストと、機能改善施術を紹介します!

横隔膜機能改善種技

①自然呼吸を行う。

②肩が動いているのか、お腹がしっかり膨らんでいるのかをチェックする

③仰向けに寝てもらい、両手で第一肋骨を抑える。

第一肋骨この時、第一肋骨が動かないようにしっかりと抑える。(注)親指ではなく、手根などで押してあげましょう。

④偽肋骨を鉤爪のようにして掴み、リリースする。

横隔膜と肋骨

横隔膜は肋骨に付着しているので、肩甲骨はがしを行うように指を入れて揺らします。

④は一人でも行えるセルフケアになります!!

朝起きたら首や肩が疲れている方は、寝ている状態の呼吸環境が悪い可能性があります。

寝る前に上記ケアを行うことで、「副交感神経が優位」にもなりますし、「横隔膜が機能した状態で眠れる」ので、「睡眠の質」も上がり一石三鳥ですね!!^ ^

まとめ

肩こり改善に大切なのは『横隔膜』でした!

呼吸が浅い→肩で呼吸をしてしまう(肩甲骨挙上)→肋骨や横隔膜が廃用性萎縮に!!
といった流れです。

脳みそは「動く部位」と「動かない部位」があった時、『優先的に動く部位を使いたがる』ので、放っておくと「動かない部位」はどんどん機能性が低下していきます。

肩こりに心当たりがある方は是非お試しください^ ^

 

肩こり改善はASPIRESTのトレーナーにお任せください!!

それでは次回の投稿をお楽しみください。

 

まずはトライアル!!
4,160円/1回(消費税込み)