放っておけない顎関節症!!

2019.08.18ストレッチ頭痛顎関節顎関節症首のコリに効くストレッチ

みなさんこんにちは!!

パーソナルジムASPIの松岡です✨

 

突然ですが、みなさんは顎の関節がうまく動かせなかったり、

食べものをかむときに痛んだりしたことはありませんか??

もしかしたらその症状「顎関節症」かもしれません👀

「カク」と音がなる程度の軽い症状を含めると、

日本人の半数近くが発症するといわれています!!

姿勢の悪さやストレスと原因は様々。

軽度のものなら、顎周りの筋肉や関節をストレッチで解消することも✨

まずは当てはまる症状がないかチェックしてみましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①口を開けようとすると顎が痛む

②口を開けづらい

③顎の関節から音が鳴る

 

代表的な症状はこの3つ👀

多くの人は自然に治るそうですが、

顎に負担をかけ続けると症状が悪くなる恐れがあります。

さらに進行すると

 

④首や肩のこり

⑤頭痛

⑥頭重・耳

などの症状が現れることも…

それでは原因を探っていきましょう!!

 

 

①急激なストレス

②歯ギシリ

③何かに熱中したり緊張して強くくいしばる

④唇や頬の内側をかむ癖がある

⑤頬杖、うつ伏せ寝、不良姿勢

⑥入れ歯や歯にかぶせたものが体にあっていない

⑦大口を開けたり、硬いものを噛んだ

⑧左右どちらか一方でばかり噛む癖

 

などが挙げられます!!

思い当たることがある方もいるのではないでしょうか??👀

今回はご自身でできる「顎関節症」の不快な症状を、

和らげるセルフケアをご紹介します✨

 

①首・肩・顎のストレッチ

首・肩・顎の筋肉は、お互いに連動しています!!

それぞれの筋肉が収縮すると、不快感を引き起こす神経を刺激しやすくなります。

痛みを感じない程度の力でゆっくりストレッチをし、筋肉の硬直を和らげてみましょう。

毎日の習慣にすると、なお効果的です✨

 

②少し強めのセルフストレッチ

顎や首周りの筋肉、そして首の筋肉などは、食事の際に食べ物を噛んだり、

重たい頭部を支える役割を持っています💪

そのため、力が強い上にとても硬い筋肉でできています。

ストレッチと併せて、アゴや首の筋肉を、ゆっくり指で押してほぐしてあげることで、

顎関節症による不快感を改善できる可能性があります!!

 

 

いかがでしたでしょうか??

気になる方はぜひ試してみてくださいね✨

セルフチェックとセルフケアで早めに対策いたしましょう!!

 

まずはトライアル!!
4,320円/1回(税込)