立ち姿勢を美しくしたい方必見!

2018.06.02X脚改善ストレッチコンディショニングコンディションリンパの流れを良くするストレッチ外反母趾がよくなるトレーニング姿勢について新宿横浜猫背改善のストレッチ

こんにちは!
ASPIREST横浜店の仲井です!

いつもブログをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

 

本日のテーマは姿勢です。

 

今回は「立位姿勢」を紹介したいと思います。

「姿勢」の画像検索結果

姿勢とは

そもそも姿勢はなんのために存在すると思いますか?

姿勢を正すために

「背筋を伸ばしてください!」

という指導や

「普段から肩甲骨を寄せる!」

といった意識をしている方が多いのではないでしょうか。

しかし、肝心な良い姿勢を取る目的を知らない人が多いです。

 

ズバリ、良い姿勢をとる目的は『動く』ためです。

 

歴史を遡ると、人類は止まって生活はしていませんでした。

獲物を狩って食料を得て生きるためには、「動くほかない」からです。

それが今となっては、デスクワークや交通機関の発達で、

『1日で止まっている時間の方が、動いている時間より長い』

という方が多いと思います。

動くために姿勢があるのに、止まっているから姿勢が崩れていくんです。

何度も申し上げますが、姿勢はきちんと動くために存在します。ですが、止まることを習慣化にすると姿勢が悪くなってしまいます。

とはいえ今の時代、動きながらデスクワークをするのは難しいですよね笑
なので、まずは正しい姿勢を知るところから始めましょう( ◠‿◠ )

「縄文時代狩 風景」の画像検索結果

立位姿勢について

立位姿勢は字のごとく、立っている姿勢のことです。

大きな特徴は『足を用いて支える』ということです。

足を用いて支えるとは言っても、どこを使って支えるかが大事になります。

仮に筋肉で支え続けると、もちろん疲れてしまいます。

立位姿勢でつま先側に体重が乗っている方を多く見かけますが、大抵の方は前腿が張っていたりします。

これでは太ももが緊張し、足が太くなってしまいます。

「つま先重心」の画像検索結果

では何で支えるか・・・

姿勢は筋肉ではなく『骨で支える』という意識を持ってみましょう^ ^

 

ポイント1:脛骨直下に体重がくる。

「横脛骨」の画像検索結果

脛骨は「弁慶の泣き所」と呼ばれるスネの骨です。

脛骨(スネの骨)をまっすぐにして立つ意識

が大切になります^ ^

前などに傾いてしまうと、元に戻ろうと筋肉が緊張してしまいます。

脛骨がまっすぐになると、とある骨に体重が乗るようになります。

ポイント2へ・・・。

 

 

ポイント2:踵骨に体重が乗る。

「踵骨」の画像検索結果

とある骨とは、踵骨のことです。

踵骨とは、「かかと」のことです。

このかかとの骨に体重が乗ることで、骨盤の位置が安定して綺麗な立位姿勢を取ることができます。

つま先ではなく、踵骨に体重を載せてみましょう^ ^

足の裏について

足の裏は「かかと」「母子球」「小子球」の3点と「指」の5点でそれぞれ独立して支えています。

関連画像

足の裏はそれぞれ『奇数』で構成されています。

偶数より奇数の方が安定するってご存知でしたか?

例えば、カメラの三脚(3点)はどこかが短くても安定していますが、学校の古い机の脚(4点)は、どこか1つが短いとガタガタしていますよね!

 

●足の裏の3点以外に体重が乗る場合

内・外縦アーチが潰れてしまう形になるので、『たこ』という形で「点」を作ろうとします。そうなると4点になってしまい、バランスが悪くなってしまいます。

症状がひどい場合「扁平足」や「外反母趾」になります。

 

●指の5点以外に体重が乗る場合

横アーチが潰れてしまう形になるので指が反ってしまい、中指の付け根がタコになります。

そうなると6点になってしまい、バランスが悪くなってしまいます。

症状がひどい場合「浮き指」になります。

特に、頻繁にヒールを履く女性は「浮き指」に悩まされているのではないでしょうか。

 

今日から意識してほしいこと!

1:脛骨直下に体重を預ける!

2:踵に体重を預ける!

 

このブログを読んだあなたはすぐに意識してみてくださいね👍

もっと詳しく知りたい方は、ASPIRESTに足を運んでみてください!

 

まずはトライアル!!
4,160円/1回(消費税込み)